note

kinoworkshop note
<< キャンパス探訪 | main | 赤ちゃんのたんす >>
今年の夏休みから。
朝晩はめっきり涼しく過ごしやすくなりました。
空にはうろこ雲。
秋ですねえ。

この夏は、伊豆の高校で写真部に所属する姪が、飛騨の景色を写真に撮りたいと遊びにやってきた。
夏休みのない我々はここぞとばかりに、観光客よろしく飛騨の名所を連れまわしたのだった。
お休みを振り返って。

写真左上:雨が止んだ白川郷。姪も何度が行っていることもあって、白川郷は展望台から見たこの風景のみだが、折よく夕立があがった風景がドラマチックだった。今回は主に富山の五箇山へ。五箇山はこぢんまりとしていて落ち着いているところがいい。
写真右上:ひと月遅れの七夕飾りが涼やかな高山の古い町並み。ごったがえす人を覚悟して行ったけれど、意外や意外。歩きやすいし笹の葉は情緒があって、お盆前はねらいめかも!
写真左下:陣屋のクレ葺きの屋根。ついこういったコマゴマとしたところをシゲシゲ見るのはいつものこと。何層にもきっちり積まれていてきれいだなあ。風雨にさらされてグラデーションになったクレ板がまたきれいだなあ。高山陣屋はあまりにも観光名所であるが、ワタクシは初めての見学。それだけでも来たかいがあった…ということでしょうか。
写真右下:陣屋のあちこちに葺き替え用のクレ板が積まれている。栗の板を木の繊維に沿って割ってつくられたクレ(繊維が切断されないからカビにくい、割れにくい、反りにくい)。機械でじゃんじゃん作れるわけじゃないから、すごい手間がかかるのだろうけど、この素朴な美しさはその手間があってこそ。手間ヒマをオシマズ!と自分に言い聞かせる。(N)

>home



 

| - | 16:52 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE